債務整理の相談に来るタイミングとは?

  •  
  •  
  •  

債務整理の相談に来るタイミングとは?

債務整理の相談に来るタイミングとは?

債務整理の相談に来る多くの方が何かをきっかけとして必要を迫られて相談に来ます。
例えば差し押さえなどの通知が裁判所から来た時や債権者からの一括返済請求などが届いた時です。

 

債務整理をしたほうが良いかという悩みはネットでも多く見かけますが、実際に相談に行くのはまた別の行動力と決断力が必要で、行動を起こさざる負えない場面になってしかたなく行動するといった感じでしょうか。

 

一部債権者のみ任意整理をしたときは自己破産や個人再生をするときに置いて不利益を生み出してしまう可能性がありますが、任意整理をした債権者から過払い金が返還された時が最も不利益を生み出してしまうような可能性が高くなってきます。

 

そして過払い金が発生するような見込みがある貸金業者や、すでに完済していて過払い金返還しかない貸金業者のみ対象として、そのほか債務が残っている債権者は対象としないで任意整理をしたら、過払い金回収後には任意整理をしなかった債権者への返済もできなくなって、自己破産や個人再生をする必要性が出てくるようなことがあるのです。

 

そして過払い金は自己破産や個人再生において資産として扱われるのですが、完済した貸金業者から過払い金の変換を受けたときも同様なのです。
そして資産として扱われるといったことでは、自己破産において配当原資となるようなことであり、個人再生において、清算価値保障原則から返済金額に影響してくるといったこととなります。
ですがすでにその過払い金を使い切ってしまっていれば、配当原資に充てるといったことができなくなるのです。
できるだけミスが内容な利用方法を考えてみれば満足できるでしょう。

 

メニュー